読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21世紀アニメ百科

21世紀アニメ百科はソッソが編集するアニメ愛好家向けの百科事典である

『神無月の巫女』

2004年

 

f:id:seleson-da:20160520231405p:plain

作品NO.9 神無月の巫女

2004年

全12話

制作 ティー・エヌ・ケー

 

原作は介錯による漫画作品

ジャンルは 百合、ロボ、巫女

1年以上前に、まとめスレで名前を見て以来、いつか見ようかな~と思っていた。

 

感想

まず、このアニメ、現状打線に入っております。

抜擢理由を順番にあげていく。

 

OP


kannazuki no Miko op (神無月の巫女 OP) - KOTOKO

1日中ながめておきたいような、そんなOPだよね。

フルバージョンは、イントロがすごく長く、すっっげぇいい。

言えない・・聞けない・・見えない・・幻だけ♪

 

キャラクターデザイン

f:id:seleson-da:20160520233804p:plain

千歌姫、姫子ともに洗練されていると思う。

10年以上前のこのデザインが、ソッソ的には一番可愛く感じるね。

 

作画・演出

こればかりは実際に見ていただかないと。

全体的に作画のクオリティは高く、崩れるとこはほぼない。

特に演出はすごい。10話の千歌音と姫子のシーン。

服のボタンを紙でちぎるとことか、もうゾックゾクするやろ?

 

ストーリー

敵組織の「オロチ」(お?曇天か?)

構造がキャプアスと似ている。(参考にしたんかな・・?)

 

神無月

オロチ7人  うち一人が地球側につき、巫女とともに戦う

毎週オロチの一人がやってきてバトル。

 

キャプアス

遊星歯車装置8人 うち一人が地球側につき、ダイチとともに戦う

毎週歯車の一人がやってきてバトル(MGF編)

 

まあ無理やり似てる感じにしてみたらこんな感じだが

神無月のほうは、オロチとの戦いがすっげえあっさりしてる。

キャプアスの戦闘シーンの半分くらいと思ってくれて構わない。

ロボはほんとおまけ程度。

こう考えると、ソッソはロボアニメの

ロボ要素が限りなく薄い作品が好きだとわかる。

戦闘シーンにあんまり興味ないからしゃーない。

最終回、いままでの謎が明かされスッキリした後、

ドラマチックなクライマックス。からのお約束のCパートと、まさに王道。

12話という短い話数に、千歌音ちゃんと姫子(あとソーマ)の純愛が

たっぷりつまってて、もう最高やね。

「咲」では断然、永水女子が好きだ!というおっぱい紳士は

ぜひとも見ていただきたい。

ちなみに、介錯先生の様々な作品のキャラクターたちがスターシステム

登場する作品がこれ

f:id:seleson-da:20160521002540p:plain

右上の二人が千歌音と姫子をモチーフにしたキャラで、設定とかもだいたい同じ

今までの集大成って感じの作品で、御大でいうところの「大甲子園」やね。

(セレソンキッズたちにはちょっと伝わりづらいか?)

ただいま2話視聴しましたが、一旦おいといてこっちを先に見ようと思う。

f:id:seleson-da:20160521002900p:plain

ワるきゅーレ(CV.緒方恵美)←こマ?

まさにあへあへ介錯先生ダイマニキと化したところでおひらきにします。

 

 まとめ

百合って最高やね

 

お気に入り度

☆☆☆☆☆☆☆☆☆(☆9)